A Letter a Day
毎日、君に手紙をかいてあげる

Red ink on envelope・
22 × 9 cm・2020.10 ~ present



    Back in junior high school, I suffered from bullying and severe depression while struggling with my sexuality.

Ever since, I’ve been having thoughts of ending my life though there’s always an idea holding me back, an idea of wishing there would be a message, a letter perhaps, something about “all the pain and suffering would pass”, cliché as it sounds.

I asked for a sign and I received nothing.
The last straw eventually breaks so do I.

14-year-old naive me thinking that my future self didn’t make it to the end therefore no letters.
So I attempted my first suicide and failed gorgeously.

Fast forward to 2020, I held a funeral on my 22nd birthday to close the book on my past, and in October of the same year, I started a personal project by writing/drawing a letter to myself every day to record my feelings or thoughts, with the hope that one day I would be able to send these "letters from the future" that I could not receive at the time.


    中学生の頃、いじめやうつ病に苦しんで、自分のセクシュアリティにも悩まされました。
それ以来、人生を終わらせたいと思うようになったのですが、いつも何かメッセージがあればいいなと、手紙でもいいからと、結局ありきたりですが、「すべての痛みと苦しみは過ぎ去るよって、きっと大丈夫になるよ」というような考えを持って、死にたい気持ちを抑えていました。

僕はサインを求めたが、何も届いてなかった。
最後の藁は、やがて私も折られました。

14歳の私は、未来の自分は最後まで生きられなかったのだ、だから手紙が来てないじゃないのかな、と思っていた。
その後、僕は初めて自殺を試みましたが、失敗した。

そして2020年、22歳の誕生日に葬儀を行い、自分の過去に区切りをつけ、同年10月、当時もらうことができなかった 「 未来からの手紙 」 をいつか送れるようにと、毎日自分宛に手紙をかいて、自分の気持ちや考えを記録する個人的なプロジェクトを開始しました。




︎     ︎      ︎
© Nelson Hor Ee Herng